薪小屋製作(8/15)

冬に向かって懸案事項は薪をどう確保するかということでした。
近所の永住の人に聞くと管理事務所で購入可能とのことでした。
早速電話し原木を手にいけましたが、薪を作っても奥場所がない。
思い切って薪小屋を作ることにしました。
利便性を考え軒下に作ります。
窓をふさがないためには背の高さが制限されます。
仕方なく手持ちの木材の長さなどから、幅は最大の4m高さ90cm位にしました。
屋根の角度は15度と角度から決めました。

枠組みです。
デッキの基礎材を使いました。
はばは33cm、40cmの薪が入るようにしました。
長さはそのまま4mです。
基礎はふかさ40cm、少し浅いかもしれないですが。
この中に割石を置き、重量ブロックを重ねました。

横板、上の板はデッキ材を使っています。
これで意外としっかりしています。

塗装はいつものキシラデコールを使っています。
左は薪を取りに行くためにデッキにつけた階段です。

軒先ですが、雨よけのために屋根をつけます。
垂木を追加で取り付けました。
薪小屋らしくなりました。

屋根を取り付けて完成です。
屋根はポリカーボネイトの透明を使いました。
ホームセンターで在庫3枚を安売りしていたので。
ポリカーボネイトの波板は182cmなので1/3に切りました。
切断はホームセンターでしてもらいましたが、下手。
手伝って、2枚目からは綺麗に切れました。