石窯の製作(最終型)

屋根が完成したので石窯の移設です。
今までは地面に直接石窯を設置していたので作業性が悪いでした。
今回は土台を作り、その上に設置します。
土台はデッキの上なのでできるだけ軽くと木製です。
屋根作りの余った材料で作りました。

耐火のために気の土台の上に鉄板(ブリキ)を敷きます。
その上に砂を敷き、防火にします。
砂は断熱効果もあると思います。

完成した石窯                            以前の石窯

耐火煉瓦を組み立て屋根には大谷石を載せました。
大谷石にも段差をつけ熱が少しでもこもるようにしています。
完成です。

以前の石窯は2段式で下の段で追い炊きが可能でした。
しかしながら、家族には評判が悪かったです。
理由は追い炊きの火で煤が発生して、ピザが黒くなる。
    火の効率が悪く、温度が上がりにくく大量の薪が必要となる。
    雨ざらしで耐火レンガに水が含まれ、なかなか温度が上がらない。

今回の改良点
    一番シンプルな一段の窯にし、入り口を絞り、熱の逃げるのを少なくする。
    台の上に置き作業性を改善する。
    屋根を設置する。

砂の上にレンガを敷いていきます。
並べていくだけです。
左の写真で少し絞っているのが分かります。