石窯2 (10/19)
昨日は日没が近くなり、急いだため不満足な形で終わりました。
本日、前日の欠点を改造すべく再組み立てをしました。
耐火レンガを20個買い足しました。
当初計画の数です。
炉の方向も変えました。
昨日は斜面に沿って組んだため風が入ります。
90度向きを変え、自然の風が入らないようにしました。
基礎の上に耐火レンガを敷いた状態です。
左端のレンガは半分のサイズです。
グラインダーで切ろうかいろいろ迷ったのですが、一番簡単に鏨でレンガの両側に傷を付けていくと簡単に割れました。
半分のレンガが作れたのでレンガ組は非常に簡単にできることになり、レンガ組が安定しました。
中間棚の鉄板を置いたところです。
火の回りを考えて、鉄板の奥は穴が開いています。これでよいのか解らないですが。
下段3段、上段4段と積み上げています。
組上がりです。
レンガが少し足りません。
形は昨日より安定しています。
火入れです。
快調に燃えています。
中間棚の温度は簡単に450℃に上がります。
奥の炉壁は250℃には上がっています。
外の壁の温度はたかだか35℃です。
この状態が30分後の状況です。
石窯初料理
石窯で焼くための用意した具材達です。
ピザ皮を買い、トッピングにいろいろな野菜、ソーセージ等々。もちろんチーズも。
焼いているところ。
今日も残念ながら時間が足りません。
本来なら石窯を2から3時間暖めないといけないのですが、わずか40分でピザ焼き開始。
中間棚の温度は250℃程度、350℃は欲しいのですが。
温度を下がるのを防ぐために石窯を2段にし下を燃やし続けたのですが、効果はいまいち。
やはり基本通り石窯を暖めないとダメです。
それでも、時間はかかりましたが無事ピザが焼けました。
心配した味ですがおいしいです。これは皆の一致した感想です。
大成功です。
10/20仲間は昨日帰宅。
一人で石窯も改良をしました。
上部のレンガの足りないところを10個買い足し補強しました。
これで第一次完成です。
まだまだ問題があります。
少し使ってみてから改造に取りかかります。
この次は石窯パンを作りたいと思っています。