ピザ窯の最大の問題は雨に濡れること、いつも波板の屋根を置いていますが、それでは雨が防げないようです。
耐火煉瓦に水が含まれると窯の温度が上がる前に水分を飛ばさなければならない。
このためのエネルギーを無駄にし窯の温度が上がらない。
ということで窯に屋根をつけることにしました。

屋根の加工から始めます。
最初は桁の加工です。
柱との接合部分の加工、更に梁を取り付けるための切り欠き加工です。
右端が組み立てた感じです。


次は梁の加工です。
さらに柱と桁を接続する切り欠きを柱に施します。
完成した木材たちです。



柱を立てます。これが意外に重いです。年寄りの身には応えます。
梁を取り付けです。形が整います。
垂木を載せて外形完成です。



屋根を取り付けて完成です。
右は燻製機を設置した状態です。
様になる。

無事完成したので、エコに連絡、写真をLINEです。
もう一まわり、屋根を伸ばしてほしいとのことです。
最初から言ってくれればよいのですが、再度やり直しです。




同じ手法で屋根を伸ばしました。
二度手間でしたが。
完成です。